美容皮膚科のプラセンタ注射で肌改善

美しい肌 注射

シミができたり、弾力を失ったりして、肌の衰えが気になったら、美容皮膚科で相談してみましょう。加齢が原因による肌の症状を改善します。プラセンタ注射は美白のほかに、正常なターンオーバーを促進したり、肌の保水力を高めたりする効果を期待できます。プラセンタには、アミノ酸のほかにミネラルやビタミン、酵素などが含まれています。
栄養価が高いので、肌の活性化を促します。ほうれい線や肌のたるみに悩んでいる方に適しています。プラセンタ注射によって、張りのあるみずみずしい肌を取り戻せます。

美肌

プラセンタ注射の治療を受けたい場合には、美容皮膚科でカウンセリングを申し込むことがポイントです。カウンセリングは無料ですし、治療方法に関する説明を受けられます。また、カウンセリングでは、既往症などの問診も行います。副作用を防ぐためにも、担当医には正確な情報を提供しましょう。
アレルギーの発症を抑えることが大事です。過去に食物アレルギーやアナフィラキシーなどの症状が出た経験がある場合には、必ず担当医に報告することが大事です。

注射を口元に

プラセンタ注射の効果は、個人によって異なります。なかなか症状が改善しない場合には、何度か通院する必要があります。ただし、1週間から2週間の間隔をあけてプラセンタ注射を受けることがコツです。カウンセリングを受ける時に、通院のスケジュールを立てましょう。
通院の回数によって、治療にかかる費用が変動します。

尚、プラセンタ注射の治療を受けると、献血をすることができなくなります。あらかじめ把握しておきましょう。

肌の悩み

コンプレックスとなるお尻などの部分痩せに効果的な脂肪溶解注射

太もも 気になるサイズ

ダイエットなどを行っていても、お尻や太ももなどの脂肪は減りにくいため、コンプレックスを感じる女性も数多くいます。こういった部分の脂肪を効率よく減らす方法として効果の高いものに、脂肪溶解注射と呼ばれる治療行為があります。
メソセラピーとも言われており、脂肪肝などの治療でも使われるフォスファチジルコリンという薬剤を皮下脂肪に直接注入して、脂肪を溶かす治療法です。美容皮膚科で行われるダイエット関係の医療行為の中でも、脂肪吸引などと同様、多くのクリニックで採用されています。

目じり

ダイエットに直接影響する脂肪に関係した医療行為において、脂肪吸引などのように痛みを伴う外科手術の必要がない点が、最大の特徴と言えます。注射により体内に入り込んだフォスファチジルコリンによって、脂肪細胞の脂肪膜が、乳化作用によって溶解され、結果として脂肪細胞自体の数が減少するといった効果が期待できます。さらに、レシチンという大豆由来の成分が含まれ、脂肪が老廃物として体内に排出されるため、安全性の高い治療法という側面も持っています。

下腹部

お尻や太ももなど、コンプレックスかつ部分痩せしたい箇所に注射を行うだけで済むため、1回あたり5分から15分程度で治療が終了します。
注射後には腫れなどの症状は出るものの、比較的短時間で治る他、注射後の日常生活に支障が生じるなどの、ダウンタイムが発生しない点も大きなメリットと言えます。ただし、部位によって注射する回数が決まっており、脂肪が少ない部分は2回程度で済む半面、お尻など脂肪が溜まりやすい部分は6回程度の注射が必要です。

脂肪溶解注射は保険適用外の治療となるため、1回あたり2万円程度の費用がかかる点にも注意します。

お尻